20年後の秋に向けて。

今年も、老後?のお楽しみ?のために「もみじ」を植えてきました。

「栃の木」も数年に1回のペースで「植樹」していますが、「もみじ」は毎年植えてます。

「なんでそんな山奥にもみじ?」 って思われるかもしれませんが、ここは「杉」や「ヒノキ」が多くて秋は寂しいんです。そのため、「紅葉、黄葉」する木々が欲しくて。

お菓子と同じく、先代から受け継いだ小松屋の伝統行事になっています。

秋に収穫した「もみじの種」を育てる事なんと5年。

これだけの年数をかけて、やっと植樹できる「もみじ」になります。

5年でどれくらいの大きさになるか? ・・・。

茎の直径、精々7mm程。

ちょっと心細いのですが、やっぱり自然で生きる植物。

十分に成長して、やがて山に根付いてくれます。

まだまだ小さくて可愛い「もみじ」達ですが、あと20年もすれば立派な「もみじ」になって、ジジイになった私を楽しませてくれるでしょう。

気の長~~~いお話ですが、今から楽しみです。

 

おすすめ記事

  1. とっても遅いご報告(^^ゞ

関連記事

  1. 新たな道へ。
  2. デビュー。
  3. いち押しバターサンド
  4. 霜柱の季節は「栃の実」の加工の時期です。
  5. 一年の計は元旦にあり。ブログ再開します!
  6. 義援金
  7. 雪化粧。
  8. 婚活 in 水窪 Part2 !

営業日カレンダー

最近の記事

PAGE TOP