水窪小学校5年生、収穫の巻第三弾~脱穀編~

昨日は、「水窪夢街道」

今年は、3年ぶりに雨もなく、たくさんのお客様にお越しいただきました。

webshopで欠品続きの「きねつき栃餅(とちもち)」も、数量限定で、お汁粉と一緒にお出しして、午前中には完売。

相変わらず栃もちファンの皆様にご迷惑をおかけしておりますが、限りある自然の恵み「栃」

何卒、ご理解ください。

来年には、もう少し栃の加工を頑張ります。

さて。

先日、水窪小学校5年生、収穫の巻第三弾が行われました。

今回は脱穀。

今でも現役で使用されている旧式の脱穀機を使い、地域サポーターの方のご指導の下、美味しそうなお米が精米されました。

次回、収穫の巻最終章では、地元でも秘境と言われる「大沢地区」で、自炊授業が行われます。

自家製豆腐の味噌汁。

自家栽培米の釜戸での炊飯。

あのロケーションで、自分達で作ったお米、大豆をいただく。

何とも贅沢な授業。

オヤジも何とか時間作って参加します。

今回も、地域の先輩方のご指導に感謝。感謝。

おすすめ記事

  1. やっと帰って来た水窪の9月。
  2. とっても遅いご報告(^^ゞ

関連記事

  1. 最後の大会
  2. もののけ姫と栃もち〜縄文ロマンに浸る
  3. 最後の夏!
  4. 満開のチューリップ
  5. 秋のお祭り
  6. ひな祭り
  7. 運動会
  8. 水まんじゅう
PAGE TOP