義援金

未曾有の大震災から1ヶ月

まだまだ復興には相当な時間がかかりそう

福島の原発も心配

そんな中で、自分は何ができるか?

色々考え、実行してきましたが、せっかく少年サッカーチームの監督をさせていただいているのだから子供達にも何かを感じて欲しい! そう思いチームとして募金活動をしました

水窪町内のいつもお世話になっているYスーパーの店頭をお借りしてちびっ子達と大きな声をだして呼びかけしました

普段の練習の時は、全然、声がでない(泣)控えめな子供達も、この日は声がかれるほど頑張って呼びかけてくれました

お店の皆さんには、大変、御迷惑をおかけしましたが(汗)、1人の大人として、監督として、とても嬉しく、また、子供の限りない力を改めて教えられた貴重な時間となりました

低学年のちびっ子は、「募金って何?」ぐらいの認識だと思いますが、いつの日か、この体験を思い出してくれる事を願います

わずか1時間ほどで、目標金額の4倍も集まりました

「やっぱり子供の力はすごい!」

先週は、水窪の桜も見頃を迎え、下チビとのデート?の途中で記念撮影

相変わらず、頼みもしないのにポーズをきめてくれるので助かります(笑)

最近ではすっかり有名になった「大野の山桜」も今年もきれいに咲きました

あっと言う間に「春」も通り過ぎていきます

被災地のためにも、今年の「夏」は猛暑にならないことを願います

自分も今年は冷房をひかえて、たっぷり汗をかこうと思います

まだまだ被災地では不安な日々が続いています

これからも自分のできる事、「必死で働き、一生懸命遊んで、普段通りに消費する」 

これを忘れずに頑張らなくては!

関連記事

  1. 風物詩
  2. 初乗り
  3. 最後の運動会・・・
  4. 熱い夏の終わり
  5. 映画祭
  6. 水窪町の紅白餅は「重さ1.5キロ!直径25センチ」のジャンボサイ…
  7. ミナの森美術館
  8. ひまわり里親プロジェクト

営業日カレンダー

最近の記事

PAGE TOP