ひまわり里親プロジェクト

お盆になりました

今年も田舎は帰省客で賑やかです

普段はほとんど人通りのない商店街も、この時期は大混雑

車のすれ違いも大変な時間帯があるくらい人で溢れます

いつもこんなんなら嬉しいんだけど(汗)

昨年からはじめた「ひまわり里親プロジェクト」

今年も2回に分けて種まきをしました

第一弾はすでに種が出来るのを待つ状態

第二段が見頃になってきました

それにしても「ひまわり」はいつ見てもかわいい

何とも言えない黄色の美しさ

毎朝、声をかけています

秋になって、種が出来たら今年も福島へ

きやすめかもしれないけれど、「ひまわり」を見て気分が悪くなる人はいないと思うから

まだ住民が帰れない原発付近に「ひまわり」がイッパイ咲いていたら・・・・・

それだけでも生きる希望になるのになぁ~なんて思ったりします

防護服を着て種まきが出来る状態になったら、ボランティアを募集して、あちらこちらに「ひまわり」を咲かせたい

そんな些細な事でも、復興への挑戦だと思う

早く実現出来ないかな?

でも、現実はもっと厳しいのかな?

現場を知らないからいいかげんな事は言えないけど・・・・・

やっぱりどんな理由があっても、「ふるさと」を奪われるのは辛すぎる

ましてや、人災なんて許されない

お盆に入って改めてそんな事を感じました

おすすめ記事

  1. やっと帰って来た水窪の9月。
  2. とっても遅いご報告(^^ゞ

関連記事

  1. 体験学習
  2. じゃがた。
  3. こだわり素材:水窪町竜戸地区限定の無農薬・有機栽培の茶葉
  4. もちい。
  5. 今朝の1枚。
  6. ピッチャーデビュー!
  7. 栃の実へのアク入れはいつも緊張します。
  8. まだ降るんかぁ?
PAGE TOP