今年もぎおんがやってきた

こんばんは 鹿の鳴き声がロケット花火の音に聴こえてしまうヤッコです。

今日と明日は「ぎおん」

水窪では6月14日、15日の2日間だけ花火をすることが許されています。

ここぞとばかりに町中に響き渡る花火の音!!

いや、正直言って私が子どもの頃に比べたらずいぶん寂しくなりました。

あの激しい花火の2日間を皆さんにお見せしたかったなー。

町中が煙だらけ、爆竹の音だらけでしたから。やはり外からみたら珍百景だったのかも。

ぎおん。

私、水窪町の行事の中でもっとも懐古的な気持ちになります。

記憶と感覚とが交差するんですよね。

火薬の匂いや夕方の蒼い時間。

ぎおんは水窪町に夏を連れてくるんです。

けたたましい爆竹やピューっと飛んでいくロケット花火の音。

懐かしさだけでなくセンチメンタルな気持ちを増強させる花火の力と私の加齢の力…。

「珍しい風習ですね、ぎおんて何ですか?」

町外の方にこんなふうに聞かれますよね。

最近はメディアにもとりあげられるぎおん。

実はこっちが聞きたいわいね

なぜなら…

ぎおん。それはおそろしい2日間でもあります。

毎日稼いだお金は

花火となりビールとなるのですから!

そう、お金が煙となり泡となり消えてしまうのです。

それでも大切に思えるぎおんていったい何なんでしょうね笑

最後まで読んでくださりありがとうございました。

明日もぎおんを楽しんでくださいねー。

おすすめ記事

  1. とっても遅いご報告(^^ゞ

関連記事

  1. 新緑。
  2. ミノル秋です。
  3. 我が家の栃の木くん、初めて花を咲かせました。
  4. 秋の景色?
  5. 水窪町文化会館で水窪祭りの展示をしています。
  6. 霜柱の季節は「栃の実」の加工の時期です。
  7. 水窪恒例の花火の日!「ぎおん」
  8. 水窪町西浦地区にある田楽の里

営業日カレンダー

最近の記事

PAGE TOP