秋の味覚 後編

本日は、秋の味覚の後編。

先週の「栗」に続いて、小松屋の「命」でもある「栃」と、予定にはなかった、友人からのウレシイお裾分け「松茸」です。

まずは「栃の実」。

今年は、「栗」と同様、「栃の実」も大豊作とはいきませんが、山の「栃の木」達は、相変わらず、文句一つ言わずに、たくさんの実をつけてくれました。

感謝! 感謝!

これから秋本番。

栃餅(とちもち)のシーズンに入ります。

きねつきの栃もちも10月後半には販売予定ですので、お楽しみに!

2つ目の「松茸」。

思いがけず、高級食材をいただいて、チビ2人はチョーハイテンション ↑↑↑↑↑

おそらく、デパートで購入したら15000円は下らない立派な「松茸」

自分も、こんな大きな「松茸」を焼いて食べるなんて経験は初めてで、わざわざ「七輪」を用意して、炭火で焼きました。

何しろ初体験。 「焼き松茸」がこんな強い香りがするとは思いませんでした。

テレビで目にする焼けた松茸を裂くシーン。

まさか自分ができるなんて・・・。

なんとも贅沢な経験をさせていただきました。

当然、晩酌もドンドン進み、「ほろ酔い」以上「泥酔未満」なオヤジになりました(反省)

ちなみに、「松茸」を見た下チビの第一声。

「お父さんのち〇こ見たい」・・・・・

やらせでなく、ホントにそう申しておりました。

決して、そんなに立派ではないんですが・・・・・「娘よ、気を使ってくれてありがとう」(汗)

関連記事

  1. 水窪小学校収穫祭!
  2. 入賞
  3. いいにおい!
  4. ラストスパート
  5. 12年。
  6. 秋。
  7. お菓子作りの道具紹介 「木へら」・「スパテラ」
  8. 我が家の夏休み

営業日カレンダー

最近の記事

PAGE TOP