二十数年ぶりに水窪ダム湖でワカサギ釣り

先日、小学生の時以来の「ワカサギ釣り」に行ってきました。

「ワカサギ釣り」と言っても、よくテレビで目にする氷の上で釣る「穴釣り」とは違い、丘から普通に竿を出して釣るスタイルです。

注:水窪町がいくら寒い所だと言っても、ダム湖が凍るほどの冷え込みはありませんから(笑)

エサは「アカムシ又はサシムシ」を使います。

釣りの仕掛けは、リール竿を使ったり、ウキを使ったりと様々ですが、小松家の場合は、シンプルに糸・針・オモリを使い、エサにちょっとアクションを付けてワカサギを誘います。

水窪の「ワカサギ釣り」は、12月~3月ぐらいまで楽しめるのですが、やっぱり2月辺りが1番たくさん釣れるようです。

うちの家族で行ったのは、3月後半なので、ちょっとシーズンオフの手前?って感じで、残念ながら「大漁」って訳にはいきませんでした。

それでも、水窪ワカサギは20年前と変わらず、ピッカピカな姿を見せてくれました。

少々小ぶりなワカサギですが、味は 「爆旨!」 

から揚げや天ぷらで食べると最高に旨いです。

水がとっても綺麗な「水窪ダム」で育ったワカサギだからこその旨味です。

年々、ここの「ワカサギ釣り」は人気上昇中で、遠くは静岡市から毎週通ってくる人もいます。(ちなみに冬場は、静岡市内から車で約3時間) うちの場合は、車で20分(イェーイ、田舎の特権)

子供たちも初めて見る「生きたワカサギ」に大満足のようでした。

久しぶりの「ワカサギ釣り」の釣果は・・・・・50匹。

割り当ては1人10匹。

ありがたくいただきました。

おすすめ記事

  1. とっても遅いご報告(^^ゞ

関連記事

  1. 豆まき
  2. ちょっと早いですが・・・
  3. ゴールデンウィーク
  4. まだ降るんかぁ?
  5. 領土奪還!
  6. 満開のチューリップ
  7. 「栃の花」の蜜を集めたのが「栃蜜」
  8. 在来種の証。

営業日カレンダー

最近の記事

PAGE TOP