浅蒸し茶。

今年は遅霜被害もなく、水窪のお茶も元気に育ちました

年々、茶摘みが負担となり、茶畑が放置される所が増えてきました

高齢化が主な原因ですが、それだけじゃなくて・・・

小規模な茶畑が多く、平地での栽培が少ないため、茶摘み→製茶=大赤字

こんな図式が当たり前になってきています

そんな中、ある農家さんから、「家のお茶でお菓子を作ってみんかぁ~」と声をかけていただきました!

オヤジ! 待ってました!って感じで

そんなやる気のある方を待ってました!

お菓子屋としては、茶葉をそのままお菓子にするのは、なかなかハードルが高いのですが、茶葉を外部に委託して、粉末にした状態で納入してくれるとの事で!

いやぁ~楽しみが一つ増えました!

通常、お菓子に使うのは、いわゆる「抹茶」

これは碾茶といって、栽培方法が違います

簡単に言えば、「碾茶」は一定期間、日光を遮って栽培するお茶

しかし、今回、お話があったのは、あくまで「煎茶」

わかりやすく言えば、普通のお茶の粉末

抹茶ほどの甘さはなく、正直、上品さには欠けます

しかし!

ここ水窪地域で栽培するお茶は、深蒸しではなく、浅蒸しで仕上げるため、お茶本来の苦味、香りがとっても強いんです

好みの問題もありますが、オヤジとしては、あえてこのお茶を使いたい訳であります!

京都の抹茶は確かに旨い!

でも、水窪で宇治抹茶を使ってもおもろくない!

やっぱり、地産他消です!

今年からは、浅蒸し茶が熱いです!

第一段は「スティックケーキ・峠の杖 お茶バージョン」

さて、次な何を作ろう?

水窪のお茶、バンバン消費します!

バンバンPRします!

関連記事

  1. 西南西なり
  2. 赤きび

営業日カレンダー

最近の記事

PAGE TOP