店長日記

  1. うれし^0^ さびし(泣)

    芽吹きの春、出会いの春、別れの春。それぞれ色々な春がありますが、今年の我が家は長女Mの卒園、 旅立ち&先生との別れの春でした。長男Dの時もそうでしたが、卒園式のわずか30分間ぐらいの間に色んなことを思い出します。オムツがなかなか取れない頃、はじめて立った時、はじめて話をした時・・・。本当に、幼稚園の…

  2. 青白い? トトロ。

    今年の春は、暑かったり、寒かったり。毎日、体調管理が大変ですね。そんないつもと違う?春ですが、人間とは違い、自然の生き物達は微妙な気温の変化に反応して、着々と春を迎える準備をしています。うちの近所でも、桜のツボミが少しずつ大きくなってきました。一応? 静岡県の水窪町ですが、あちこちで出される桜の開花…

  3. 春の味覚!水窪産しいたけ!

    今年の春は長雨ですね~。ここ水窪でも雨・雨・雨でちょっとテンション↓↓↓です。そんな私のブルーな気持ちを一瞬でハイ↑テンションにしてくれるのが「生しいたけ」です。この「生しいたけ」は、春と秋の2回、雨が続くとニョキニョキ出てきてくれます。ただ、育ってくれるのはいいのですが、みんな一緒に育ちたがるので…

  4. 桃の節句恒例!桃色、若草色、菜の花色の「三色の餅」

    明後日は桃の節句です。小松屋製菓でも、毎年恒例の三色もちをつくりました。新潟県産のおいしいお米 「黄金もち」 を使用して、桃色、若草色、菜の花色の三色でセット販売しています。菜の花の色を演出するのは雑穀の一種 「こきび(もちきび)」です。この「こきび」は、ヒエやアワよりも粒が若干大きめで、色も黄色が…

  5. 「モモの節句」 の時期には「ひし形落雁」

    今日は、平成22年 2月 22日 です。  だから? 何っ?ってわけではありませんが・・・。なんとなく。さて、あと10日ほどで 「モモの節句」 ですね。 小松屋製菓では、毎年この時期には「ひし形落雁」を作ります。 この町では、「落雁(ラクガン)」と言っていますが、「ハクセッコウ」と言うところもありま…

  6. 幻の黒あずき。

    今日は変わった食材のお話です。↑の写真、「幻の黒小豆」。本当に真っ黒な小豆です。名前はどこかで聞いたことがある?かな?って方もいるかも知れませんが、これがなかなかの代物で、今現在、日本では、宮古と北海道・長野の一部地域で作られているだけ。その他の地域ではほとんど栽培されていないとても貴重な小豆です。…

  7. そろそろ春が恋しくなってきました。

    暦の上ではもう「春」。 しかし、まだまだ寒い日が続きますね。今日も曇り気味の水窪はいつものように「底冷え」です。さて、先日の2月3日、皆さんは 「節分」の豆まきをされましたか?我が家では、毎年、チビ達が「鬼」を退治してくれます。私が子供の頃から、必ず行っている2月の恒例行事です。この豆まきに使用する…

  8. 水窪のお葬式

    今日は縁起のいい話ではありませんが、田舎のお葬式についてちょっとお話。水窪では、近所の家々で「組合」と言う組織を構成しています。 これは「リンポウ」とか「リングミ」とかいう名前で、都会でも見られる組織と同じだと思います?(多分???)。 わかりやすく言えば、回覧板を回しあう間柄の近所の家の事です。私…

  9. 水窪町消防団 新車に入れ替え。

    今日は午後から、新車の納車がありました。って言っても、自分の車ではなく、消防自動車です。 都会にもあるかと思いますが、地方にも「消防団」という組織があります。この組織は、消防署がない地域の火災や震災の時に、住民の「生命・財産」を守る重要な役割を担っています。 私もここにUターンしてきてからは、この組…

  10. 水窪の小正月は、「女性」や「道具」に感謝するお正月です。

    年が明けてもう半月が過ぎました。年々、歳を取るごとに1日、1ヶ月、1年があっと言う間で、「Time is Money」って言葉の重さを日々感じてます。さて、今日のブログは小正月のお話です。地方に住んだことのある方は御存知かもしれませんが、田舎では1月15日(正確には13又は14日の晩)に大晦日と同じ…

営業日カレンダー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP