ジビエ(GIBIER)

先週末、「B級グルメ」のイベントで「エコパ」へ

サッカー観戦以外で訪れるのは初めて

誰も居ないスタンドもなかなかいいモンです

こんなピッチでサッカーが出来たら最高!だけど・・・

「メタボはお断りっ」てスタジアムに言われてる?ような気がして(笑)

今回は、天竜商工会青年部のお手伝いで「ジビエ焼きそば」の販売

有名な「富士宮やきそば」や「三島コロッケ」も来ていたので、曇り空にも関わらず、多くのお客様で賑わいました

自分が行けなかった土曜日には、「ゆず」のコンサートもあったので、すごい人・人・人だったみたい

個人的には「焼きそば」より「ゆず」のライブに行きたかったなぁ~(汗)

blog2011gibie2

ところで、ジビエ(GIBIER)とは?

狩猟によって食材として捕獲された野生の鳥獣の事(主にフランス料理での用語)   ウィキベデイアより

ようするに、水窪で捕獲された「鹿」や「イノシシ」の肉を使った焼きそばです

獣の肉はどうしても臭みがあるので、慣れない人には食べづらい

そこで、青年部の連中が試行錯誤して、肉の臭みをなくす事に成功 歯ごたえは残しながらも食べやすい焼きそばに仕上がっています

狩猟で捕獲したって言うと、可愛そう~なんていう人もいますが、山間地域の鳥獣被害は深刻で、駆除する人がいなくなったら、農産物は全滅です

野生の動物を厄介者扱いするのは、ただの人間のワガママって言えばそれまでです でも、今のような生活環境になった以上、人と野生動物のバランスってのが大事なわけで・・・

増えすぎても絶滅してもいけないわけで・・・

可愛そうだとは思うけれど、捕獲した以上は、しっかりと食べてあげるのが人間達の最低限のマナーかと・・・

そんな意味でも今回の焼きそばが一役かってくれる事を願います

色んな意見があるだろうけど、矛盾した動物保護を訴える人は大嫌いな自分なんで・・・

食べる事が供養にもなるって思ってます

イベント終了後、片付けを済ませ「卯屋」へ

めずらしく暇だったらしく、ゆっくり話ができました

3月の震災後はなかなか厳しい状況が続いているけどお互い頑張らにゃ~いかんね~って言いながら・・・

いつもの美味しい焼き菓子を買って帰りました

その後、震災で被災した友人の声が急に聞きたくなってTEL

余震が減って、少しだけ落ち着いてきたとの事

家を直したいけれど、解体屋も大工も不足していて、海岸沿いじゃない友人宅でさえ、復興はまだまだ先になりそう

けれど、バリバリの東北ナマリで「あぜってもしがたねぇ~」って声聞いたら妙に安心してしまった

まだまだ彼には長い道のり

自分は普通に仕事が出来る事に幸せを感じないと!

長~く続くだろう不景気

どうしよう~なんて泣き言いってる場合じゃないっス

前を向いて、上を向いて行かねば!

関連記事

  1. 綺麗な赤
  2. お中日。
  3. ANKI
  4. 20年後の秋に向けて。
  5. 今年の桜。
  6. 在来種の証。
  7. 春休み
  8. 交流試合

営業日カレンダー

最近の記事

PAGE TOP