「栃の木」まもなく開花。

私事ではありますが、今年で38歳。

「年齢のわりには”渋い”趣味だね」 なんて言われそうですが、山野草の一種、「ウチョウラン」を育てています。

正直、盆栽系には”全く”興味がないのですが、父が残した物なので、粗末にもできず・・・しかも生き物だし・・・。 とりあえず枯らさぬよう自分なりに頑張って3年がたちました。

「ウチョウラン」は、冬の間は一切水をあげなくていいちょっと変わった植物です。 だからと言ってそのまま置いておけば良いってわけではなくて、「底冷え」のする水窪では、球根を凍らせないように「発砲スチロール」に入れておかなくてはいけません。 また、凍結の心配だけではなくて、「ねずみ」に球根を食べられないよう注意が必要です。 実際、父の知り合いで、「ねずみ」に全部やられた方もいます。

老後の趣味としては楽しいのかも?しれませんが、今の自分にとっては正直”苦痛”。

それでも、5月~6月にかけて綺麗な花を咲かせてくれるので、今後も渋々?ながらも可愛がってやろうかと・・・。

ちなみに右側の写真は、母の友人、Kさんの御主人(トシ兄ィ)からいただいた「栃の木」です。 家でも栃の木は育てていますが、こちらの方が見栄えがいいので、今日から店の「看板木」となりました。

以前もお話しましたが、「栃の木」は成長がゆっくりなので、気長に育てていこうと思ってます。

トシ兄ィ、ありがとね。

関連記事

  1. こだわり素材:水窪町竜戸地区限定の無農薬・有機栽培の茶葉
  2. 仙台
  3. 水窪ソ~ラン
  4. 秋の味覚 !小松屋製菓名物「栗蒸し羊羹」
  5. 間もなく!
  6. ハラウチ。
  7. 生涯の趣味。
  8. 「モモの節句」 の時期には「ひし形落雁」

営業日カレンダー

最近の記事

PAGE TOP