水窪町大野地区「大野山桜」

昨日、少し時間ができたので、「大野山桜」を見に行ってきました。

今年は雨が多くて、開花予想が難しかったのですが、地元、「大野地区」のMさんによれば、今のままで行くと、「今週末がギリギリのライン」と言うことでした。私も確認してきましたが、もし、日中の気温があまり上昇すると、木曜日辺りがピークになりそうです。気温が落ち着いて、なんとか週末までもって欲しい所です。

パッと見、日曜日の段階で、「6~7分咲き?」といった所でした。

うちのチビ達も、初めて見に行きました。

感想を聞くと・・・・

「桜だねぇ」・・・・・・ツレナイ返事(悲)

確かに、子供にしてみればただの「桜」かもしれません。 けれど、この歳になると、田舎に住んでいながらも、水窪の中でも「秘境?」の域に達している「大野地区」。 余分な音が一切しない、空気の旨さを感じられるこの場所で、ひっそりと咲いている「山桜」は、私に元気をくれる「パワースポット」でもあるのです。

ここの桜が人気の秘密は、「樹齢150年、ド田舎に咲く1本桜」と言うのもあるのですが、何よりここの場所がゆっくり時間が過ぎていくのを感じられる、今では貴重な所だからなんだと思います。

私自身、東京に住んでいたことがあったから、この良さが今になって分かるんだと思います。ウチのチビ達も、大人になって、色んなストレスを感じる年頃になればわかってくれる???多分??? と信じています。

blogonosakura2

昨日は日曜日ということもあって、桜見物の方に大勢出会いました。また、地元の「大野地区」の皆さんも、今週末の宴会を楽しみにしているようでした。宴会?って言うのは、要するに「花見」なんですが、この地区では昔っから変わらずに行っている大事な行事で、酒を浴びるほど?飲んで、踊って、串芋焼いて、etc 。 とにかく高齢化しても、皆さん元気に宴会を楽しんでいます。

ちょうど今年は我々商工会青年部の「婚活事業」と重なるので、週末、ちょこっとお邪魔させていただきます。番犬ジョン君と、いつもお世話になっているBさんにも誘われいますし。で~も、 コシを据えて飲んでしまうと、酒豪揃いのおじちゃん・おばちゃん・ばあちゃん・じいちゃんにつぶされてしまいます。ちょこっとだけにしときます。(怖)(笑)

「大野地区」には、都会からスローライフを求めて来られた方もいらっしゃって、昨日久々にゆっくりお話も聞けました。

その方、Tさん。  まだ、若くて、とてもチャーミングな方ですが、メシを炊くのも「薪」、風呂を沸かすのも「薪」、食べ物は可能な限り「自給自足」。  とにかく田舎での暮らしにあこがれ、今では私よりも「田舎ッペ」になってます。田舎育ちの私も、色々勉強させていただいてます。

ニワトリも飼ってますが、ご本人がお家にいるときは、もちろん「放し飼い」です。 当然、旨い「卵」を産んでくれます。ある程度卵の数が揃えば美味しい「プリン」を是非とも作らせていただきたいですね。  But, 多分、そんな事に興味のないTさんです。自分の食べる分しか育てないでしょうけど(笑)  そこがまたイイんですけどね。

今週お時間があって、桜を見に行かれる方はなるべく小型のお車で。なんせ道が狭いので。 また、桜を見たあとは、「ありえない角度の畑」も見てくださいね。 慣れない人が耕したら、間違いなく谷を「コロ・コロ」転がっていくような場所ですよ。 もちろんTさんはここで「菜っ葉」も育てています。(驚)

帰りに、自宅から車で5分の桜並木に寄ってきました。

ちょうど「満開」で、晴れていたら最高だったと思います。(この日は残念ながら曇り空) 

ちなみに嫁の写真は本人の希望で顔出し「NG」。

私的にも、子供より嫁に若干「ピント」があってしまったのでホッとしてます。(汗)

関連記事

  1. 義援金
  2. 夏の終わり。
  3. ひな祭り
  4. 必殺! 仕事人?
  5. 女の子の日
  6. 青白い? トトロ。
  7. 個性的?なスイーツ。
  8. 期間限定夏菓子「栃の水まんじゅう」

営業日カレンダー

最近の記事

PAGE TOP